坐骨神経痛の専門サイト

坐骨神経痛を治す会

このサイトは、坐骨神経痛に関する正しい知識や治療法、その他、様々な情報をお届けしているサイトです。このサイトの目的は坐骨神経痛を完治していただくためにあります。

また、今までにこのサイトをご利用いただいた1000人以上の方が、短期間で症状を完治しております。

まずは当サイトのページをゆっくりとご覧いただき、坐骨神経痛に関する正しい知識や治療法を学んでいただければと思います。

まずは下記の動画をご覧ください。



坐骨神経痛を30日で解消する方法

坐骨神経痛とは腰痛が悪化するとよく出る症状です。腰から足にかけて伸びている神経を坐骨神経といい、この部分が様々な原因によって圧迫されたり刺激を受けたりすることで症状が現れるため、坐骨神経痛という名前がついています。

坐骨神経のどの部分に問題が起きているかによって、症状のあらわれる場所が異なってくるのも特徴のひとつです。特に腰椎の4番目から伸びる坐骨神経に問題が起きている場合は、痛みやしびれ、麻痺などの症状が下肢の広い範囲に現れやすくなっています。

腰痛が悪化すると現れると言いますが、腰痛も坐骨神経痛も症状の名前であり、病名ではありません。別の病気が原因で、これらの症状が出てくるのです。

坐骨神経痛で現れる主な症状は腰痛のほか、お尻をはじめとした下半身に起こる違和感や痛み、しびれです。また、悪化すると麻痺が起こって足に力が入りにくくなったり、歩行に問題が起きたり、排尿や排便にも支障をきたすことになります。

その他には、咳やくしゃみなどで足の痛みが酷くなる、痛みだけではなく痺れも酷くなる、脚全体が冷え症気味である、お尻の筋肉が固まっている感じがする、なども坐骨神経痛の症状の特徴です。

坐骨神経痛はかなり広範囲に症状が及び、痛みや痺れの度合いなども千差万別です。また、なかなか痛みが治まらなかったり、徐々に悪化して立ってもいられない状態になることもあります。

坐骨神経痛の症状が出ている場合、これを改善するにはまず自分がどのような病気にかかっているのかを知ることが重要です。

坐骨神経痛が現れる病気としては、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症、梨状筋性坐骨神経痛など、その要因にはさまざまなものがあります。

つまり、椎間板ヘルニアでもすべり症でも、腰の椎間板が圧迫を受け、坐骨神経根が刺激を受けていれば、坐骨神経痛を併発して発症するパターンが非常に多いのです。

また、椎間板など骨のトラブルによる病気が坐骨神経痛の原因としては有名ですが、梨状筋性坐骨神経痛など筋肉そのものが硬くなってしまっているために神経を圧迫するということもあります。

原因がわかる坐骨神経痛の場合多くが、骨や関節、筋肉のトラブルが原因となっています。しかしその一方で、しっかりと検査をしても原因が特定できないということもよくあるのが坐骨神経痛です。神経に圧迫が見られないのに症状が起きてしまうこともあるのです。

もちろん本当に原因がないわけはありませんので、一般的な検査で見つからないだけでなにかしらの原因はあるはずですが、なんの検査をしても原因が見つからないというのは実は珍しいことではありません。

このように明確な原因がわからない状態で坐骨神経痛が起こっている場合には原因をつかむにも一苦労、その間痛みを我慢したり、安静を保つなど、かなり辛い状態が続きます。

このようなケースでは、まず腰から脚にかけての筋肉が柔軟であるか、骨がゆがんでしまっていないか、などのチェックが大切になってきます。

また、身体に無理をかけない程度での対症療法として、薬の投与やブロック注射、軽いリハビリと言った保存療法で対応していくこともあります。

保存療法とは、身体にメスを入れずに行う治療法のことで、電気で患部を温めたり、マッサージをすることも保存療法のひとつです。

ここで注意したいのは温存療法の中にも、根本的な治療が期待できるものと、対症療法にしかならないものがあることです。

たとえば電気で患部を温めたり、薬の投与を行うことはその時の痛みを改善することは出来ても、根本原因の解決にはなりません。

坐骨神経痛は神経に圧迫や刺激を受けて起こるものですが、その圧迫や刺激の原因を取り除かなければ根本原因の解決にはならないのです。

これは手術療法にも言えることで、とくに手術の場合は身体に相当な負担がかかりますので、よほど症状が悪くなっていて早急な対処が必要な場合を除いては、できるだけしないことを推奨します。

手術で痛みの原因となっている椎間板の飛び出しや脊柱管の狭窄を改善することは出来ても、どうしてそうなったかの根本原因を解決しないとまた再発してしまうからです。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの原因としてよくあげられるのは加齢や姿勢の悪さ、生活習慣の乱れなどです。

加齢により筋力が失われることで骨を支える力が弱くなったり、姿勢の悪さや生活習慣の乱れで骨に常に負担がかかるために、身体に様々な異常が起こってしまうのです。

さらに、実は明確な病名のつかない場合の坐骨神経痛でも、筋肉の柔軟性を強化することで症状が改善することが多くあります。

筋肉に充分な柔軟性があれば、神経を圧迫・刺激するような関節や骨のトラブルがあっても、ある程度は筋肉がフォローしてくれるのです。

坐骨神経痛の場合は特に、坐骨神経が筋肉のそばを通っている神経ですので、筋肉が硬くなるとその影響を受けやすいです。また稀にですが、坐骨神経が筋肉の中を通ってしまっている人もいます。このような人はさらに、筋肉の柔軟性が大切になってきます。

筋肉の柔軟性が大切というのは、実際に骨の状態を見ると椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症であるのに、生活に支障があるようなトラブルが起こっていないという人がいることからもわかります。

このような不思議な状態は、筋肉が十分な柔軟性を持って身体のトラブルをフォローしてくれているから起こる現象です。

もちろん、そのまま放っておいては悪化してしまうこともあるので、病気が起こっているとわかったのであれば、症状が出ないように早いうちから予防対策を取っておくことも重要になります。

予防や改善には筋肉の柔軟性だけでなく、骨を正常な状態に維持するための筋力も必要ではありますが、最重要ではありません。そしてこの柔軟性を鍛えることが、坐骨神経痛を30日で解消する方法のポイントになります。

また、柔軟性を重視したストレッチであっても、適度に身体を動かすことは無理のない範囲で筋力を鍛えることに繋がるので、ストレッチで柔軟性を上げるというのは理にかなった方法です。

毎日コツコツとストレッチを行い適切な柔軟性と筋力を手に入れることが、坐骨神経痛の症状の改善に繋がるのです。

とはいえ、その人が持っている身体の状態や病気によってはしてはいけない動作というものもありますので、自己流でストレッチをやるのは避けたほうが良いです。

まずは病院に行って、自分の坐骨神経痛の原因をはっきりさせることが大切です。そこをはっきりさせなければ、してはいけない動作もわからないからです。

しかし運動療法を医師に勧められたとしても、専門の理学療法士やリハビリ施設までは案内してもらえず、とにかく適度な運動をしてくださいと言われることも少なくありません。

そこでお勧めしたいのが、「福辻式治療法」です。この治療法で50000人以上の方が坐骨神経痛を改善しておりますので、もし、坐骨神経痛で悩んでいるのであれば、ぜひ試してみてもらいたい方法です。

詳しい内容は下記より確認することができますので、坐骨神経痛で悩んでいるのであれば、今すぐ「福辻式治療法」をチェックすることをお薦め致します。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから



メニュー

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


お薦め著書一覧



更新情報



Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.