メニューページです。

  • TOP
  • »
  • メニューページ

メニューページ




坐骨神経痛と食生活

坐骨神経痛患者さんで特に体重の重い方は、一度食生活を見直すことをお薦めします。食生活の見直しをすることで体重減少に繋がり、それが腰椎への負担を軽くして、坐骨神経痛の早期改善に繋がることがあります。

基本的に食生活で注意して欲しいのが、食事量と摂取成分です。食事量が多すぎると肥満の原因になりますし、少なすぎると今度は、体に必要なエネルギーが得られなくなり、回復スピードが遅くなります。

基本は、朝、昼、晩と三食しっかりと取るようにして、五大栄養素をしっかりとバランスよく摂取します。栄養素が足りないと感じる場合は、サプリメントなどを併用して補うことが良いでしょう。

また食事の取り方も大事です。当たり前のことですが、物をしっかりと噛むことが重要です。しっかりと噛むことにより、満腹感を早めに満たせるようになりますし、体の栄養素をしっかりと体に入れることができます。

また、甘いものや揚げ物などはできるだけ控えるようにしてください。やはりこのような食べ物は肥満の原因になりますし、体にあまり良い影響を与えません。適度に取る分には構いませんが、過剰摂取には十分に注意するようにしてください。

また坐骨神経痛を改善するには、腰椎周りに筋力をつけることが必要になってきますが、その補助の役割としてタンパク質を多めに取ることをお薦めします。

タンパク質は筋肉を生成するために欠かせない栄養素ですから、タンパク質を多めに摂取することにより、リハビリやトレーニングの手助けをしてくれます。

このように、坐骨神経痛を改善するのに食生活は密接な関わりを持っていますので、坐骨神経痛で悩んでいる方は、今までの食生活を一度見直してみてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.