関連ページ4です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ4

関連ページ4について

坐骨神経痛とスポーツの関係性について

坐骨神経痛を引き起こす要因には様々ありますが、その中でもスポーツが原因となって、坐骨神経痛を発症する方が多くいます。スポーツをする人は坐骨神経痛になりやすい傾向にあると言えます。

プロスポーツ選手でもそれは例外ではなく、坐骨神経痛を発症しているプロスポーツ選手は多くいます。主にスポーツ選手などが坐骨神経痛になる原因は、過度な運動にあります。スポーツ選手はプロとなると特に無理な運動を強いられます。

そして、過度な負担を体にかけ続けて、坐骨神経痛を発症してしまうことが多いのです。ですが、必ずしもスポーツ選手が坐骨神経痛になるとは限りません。

過度な運動をしても、しっかりと体のケアをしている選手は、坐骨神経痛を発症することもなく、長い現役生活を送っている選手は多くいます。

例えば、日本人であれば誰でも知っている大リーガーのイチロー選手。イチロー選手は、練習や試合の前後に1時間以上の時間をかけてストレッチや体操を行い、体のケアに時間をかけていると言われています。

イチロー選手は40歳を過ぎていますが、ここまで大きな怪我をしないで野球をしてこられたのも、体のケアに人一倍の神経を使ってきたらだと、ご本人が何かのインタビューで答えていました。

やはり、激しいスポーツや過度な運動をしても、それ以上に体のメンテナンスに気を配れば、怪我をせずに長いことスポーツ続けられるというヒントになるのではないかと思います。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.