坐骨神経痛を解消したければ漢方の服用を止めることです。

漢方の効果について

坐骨神経痛の痛みを緩和する方法のひとつに漢方があります。漢方の最大の利点は、その人の症状や体質に合わせて細かく処方を変えられる点です。

ですから市販品のものを買うのではなく、専門医のところで診察を受けて、自分の坐骨神経痛の状態に合った漢方を処方してもらってください。

個人の診療所や東洋医学を専門としたクリニックのほか、最近では大学病院でも東洋医学の薬を扱うようになっています。現在の日本では西洋医学が中心の医療になっていますが、東洋医学も意外と多くの病院で取り入れられているのです。

市販品でもこの漢方は坐骨神経痛に効きますといった説明付きで販売されているものもありますが、それがその人の体質や症状にぴたりと合わなければ坐骨神経痛の改善はあまり期待できません。坐骨神経痛の改善に多少の効果はあっても、しっかり調合してもらったものにはやはり敵いません。

また、漢方薬にも副作用はあります。自分の身体の状態に合っていないものを選んでしまうと、坐骨神経痛は緩和されても他の体調不良が現れるといった可能性も出てきます。

とはいえ、坐骨神経痛が軽症でしかも毎日忙しいという状態だと、なかなか病院まで行く時間が取れないという人もいます。実際に診察を受けるまでの繋ぎとして市販品を利用するという手もありますが、坐骨神経痛の症状を緩和したいのであれば、漢方の専門医のところで診察を受けることが大切です。

坐骨神経痛の症状に効く代表的なものとしては、筋肉の緊張状態を和らげ痛み止めとしての効果が期待できる芍薬甘草湯。血行を良くして、冷え性の改善が期待できる桂枝茯苓丸。身体を温める効果と痛みを和らげる効果が期待できる当帰芍薬散など様々なものがあります。

病院に行って処方を受ける場合には複数の種類を調合されることが多いため、必ずしもこの名前の薬が処方されるわけではありませんが、市販品で試したいという方は、上記の名称を参考にして購入してみてください。

しかし同時に、漢方だけでは坐骨神経痛を治すことは難しいということも知ってください。漢方はあくまで坐骨神経痛の症状を一時的に和らげてくれるものに過ぎません。

坐骨神経痛を根本から治すには、日常生活を見直したり、腰椎周りに適切な筋力をつけたり、体のバランスを整えたりと、様々な治療が必要になります。

そして、この全ての治療を同時に行い、坐骨神経痛を根本から治すことができるのが、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」です。

もう既にこの治療法で延べ5万人以上の方が腰の痛みや痺れを改善していますので、あなたのお悩みもこの治療法で解決できるはずです。

詳しい内容は下記にてご案内していますので、坐骨神経痛でお悩みの方は一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている腰の痛みや足の痺れを改善するきっけかになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.