坐骨神経痛に温泉は果たして効果があるのか、そのことについてお話しています。

温泉は本当に効果があるの?


温泉には坐骨神経痛を和らげる効果があります。そもそも、坐骨神経痛では血行を良くすることが症状の緩和に効果があるため、普通のお風呂でもゆっくりと浸かれば充分に効果があります。

しかし一般家庭にあるお風呂よりも、温泉の方がより坐骨神経痛に良いと言われるのにはいくつかの理由があります。

まず、日常生活のなかで入るお風呂に比べて、ゆっくりとリラックスして浸かることができます。心身をリラックスさせることは、坐骨神経痛の症状の原因に関わるストレスの解消も期待できますし、リラックスするというのは身体の力が抜けるということなので、より筋肉を柔らかくして血流も良くすることができます。

また温泉の場合、坐骨神経痛の改善に良い成分が含まれていることがあります。坐骨神経痛に利く成分は数多くありますが、いくつか例を挙げると、単純温泉、二酸化炭素泉、硫黄泉などがあります。もちろん、他にも多数の温泉が坐骨神経痛の改善に効果があります。

ただし、痛みが激しいときは急性期といって、炎症が起こっている可能性があります。この時には血行を良くするとかえって痛みが増してしまうことがあるので、急性期で腰に炎症が起きている場合は避けるようにしてください。

また、温泉地に住んでいるというのでもない限り、毎日通うというのはなかなか難しいことです。そこで、家庭でも良く似た効能が得られる方法をいくつかご紹介します。

まず、みかんなど、かんきつ類の皮を湯船に浮かべて入浴するやり方です。かんきつ類の他、大根の葉を干したものや、ニンジンの葉っぱ、またはそれらの成分を含む入浴剤などがあります。

このようなものをお風呂に入れることで身体の保湿ができ、坐骨神経痛を悪化させる原因のひとつである冷えを防止してくれます。

また、体を冷やさない方法としては食塩を一掴み浴槽に入れるという方法もあります。この場合、塩の成分を肌の表面に付着させることが目的なので、上がる前に身体を洗い流してしまわないようにしてください。

ただ、今までお伝えした方法はあくまで対処療法です。血流を良くすることによって腰の痛みの症状は和らぎますが、それで、坐骨神経痛が治るのかといったら、そんなことはありません。

坐骨神経痛を完治させるには、滞っている血流を良くすることはもちろんですが、その他に、崩れている身体のバランスを元に戻す、弱っている腰椎周りに適切な筋力をつける、今までの日常生活を見直すことなどが必要です。

そして、この全てを同時にできる治療法が、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」になります。

福辻式治療法では、坐骨神経痛を完治するために必要なことが全てプログラム化されていますので、手順に沿って実践すれば、早ければ数日、遅くても1ヶ月以内に効果を感じることができます。

また、今までに腰痛を完治した方は5万人を超え、坐骨神経痛を完治された方も多くいます。もしあなたが、長いこと坐骨神経痛に悩まされているのであれば、この福辻式治療法を1日も早く実践されることをお薦め致します。

福辻式治療法の詳細は下記から確認することができますので、まずは一度内容を確認してみてください。きっと、この治療法があなたの坐骨神経痛を完治に向かわせるきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.