関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページについて

坐骨神経痛と喫煙の関係性

坐骨神経痛は様々な要因によって併発されますが、意外と見過ごされがちなリスクに「喫煙」の習慣があります。

坐骨神経痛自体は、その他の身体的な要因や肉体的な衰えによって引き起こされていますが、喫煙によって血流が悪くなるなどして、さらに症状を悪化させている場合があります。

体全体にとって「喫煙」は何らかのリスクを引き起こすことは当然のことであり、自らきっちりと自己管理をして予防する意識を持たなければ、さらに症状をひどくする可能性がある病気でもあります。

無理をしないで、「早期治療」を心掛けるのであれば、坐骨神経痛の症状である腰の痛みがひどくなった段階で、合わせて「禁煙」にも取り掛かることが望ましいと言えます。

禁煙は生活習慣に依存している、「精神依存」の部分と、ニコチンなどを摂取したいという体の欲求である「肉体依存」の両面があり、その両面の習慣を断ち切ることが大切になります。

放置すると、さらに症状が悪化してしまうリスクがある病気だからこそ、早いうちに向き合い、解消できるように意識を変えなければなりません。

坐骨神経痛の症状が必ずしも喫煙によってさらに悪化するというわけではありませんが、喫煙は体内の免疫機能の低下なども引き起こしますので、他に病気を併発している人は早いうちにきっぱりと断ち切る勇気を持つことです。

禁煙を取り組むにあたって、もし坐骨神経痛で整形外科にかかっているのであれば、総合病院であれば「禁煙外来」についても検討してみる方法があります。

無理をすることなく、早いうちに、禁煙をすることを治療の一環として取り組むことで、効率的に健康を取り戻すことが可能です。自分の健康は自分で守ることを意識して、特に症状が酷くなる前に予防することこそが大切です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.