坐骨神経痛になる原因を詳しく解説しております。

原因について


坐骨神経痛は腰から脚にかけて痛みや痺れが出るのが特徴ですが、人によって症状が出る部位も様々です。坐骨神経痛の原因はいくつかありますが、主に挙げられるのが、椎間板ヘルニアによる発症です。

椎間板ヘルニアとは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が圧迫され、その中の髄核という物質が飛び出し、腰椎の後ろに走っている坐骨神経根を刺激することで起きます。

また、椎間板ヘルニアの原因として挙げられるのは、骨盤や仙骨などの骨格系の歪みが引き起こしているケースです。左右のバランスにも大きく関わりますが、骨が歪んでしまって坐骨神経が圧迫を受けます。

次には筋肉が原因となるケースですが、腰や臀部、これらの部位にある大きな筋肉が緊張を持続し、その強張りによって坐骨神経が直接圧迫を受けるケースです。

筋肉自体が血行を阻害されますので、治療においては悪循環が起こりやすく、なかなか対処する方法が見つからなくなってしまうことには要注意です。

3つ目として内臓によるものも考えられます。脊椎に転移した悪性腫瘍による場合、糖尿病でも神経が侵されて発症します。

内臓は骨や筋肉による圧迫とは違い、一定の改善する方法があり、まずはその治療を受けること、そして改善できればほとんどの場合、坐骨神経痛も解消されます。

また内蔵の病気は医学的に発見しやすい分野である、とも言えます。しかしながら筋肉の場合はMRIで発見、というような単純なものでもありませんし、筋肉への影響は骨が起こしている、このことは見極めが難しいと言われています。

もし、腰痛が原因で坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、当サイトでは「福辻式治療法」をお薦めしております。福辻式では延べ50000人以上の方は短期間で坐骨神経痛を改善されております。

ですので、坐骨神経痛の症状がなかなか治らないと悩んでいるのであれば、福辻式治療法を実践されてください。きっとあなたの腰の痛みや足の痺れが改善されるきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.