坐骨神経痛の人の楽な座り方についてお話ししております。

楽な座り方について


坐骨神経痛のほとんどは、日常的に良くない姿勢を取ってしまっていることが多くの原因です。特に椅子への座り方が悪い場合が多くあります。

そもそも、椅子に長い時間座って姿勢を変えないでいること自体が腰に悪いことです。同じ姿勢で長時間いると、血流が滞り筋肉も硬くなってしまいます。

ですので、正しい姿勢であっても1時間に一回は姿勢を持ち直したり変えたり、あるいは立ち上がってストレッチをしたり、といった日常的なケアが大切です。

椅子の上に座るとき、多くの方がもっとも楽な姿勢を取ろうとします。またこれがいい、と思っても、パソコンを操作しなければならない場合は、楽な姿勢を維持することができずに、どんどん姿勢が悪化します。

もちろん、そもそも初めから姿勢が悪い場合もあります。足組みをしたほうが楽、となれば始終足を組んでしまいますが、この姿勢も坐骨神経痛にとってよい状態ではありません。

座り方はある程度わきまえて座ることが大切です。つまり楽に感じる方法だけがよいとは限りません。座面は膝よりちょっと高めで、座った状態で臀部が膝よりわずかに上に来るようにしたり、座面は浅くではなく深く腰掛ける、そして背筋をしっかり伸ばすこと。

骨盤は前傾気味で、両脚はまっすぐに下ろしてかかとまでしっかり設置していること、などがコツですが、やはり足組みなどと比べると相当に違います。

その他には椅子ではなく床に座る場合ですが、坐骨神経痛にもっともよいのは正座です。ただし正座はなかなか思うようにできない方が多いため、返って坐骨神経痛の症状を悪化させてしまうこともあります。

変わりとして座椅子を用い、背筋を伸ばして足を投げ出す方法でも構いません。座椅子は随分楽な座り方に感じますが、やはりこの場合も椅子に深く座ることが大切です。

坐骨神経痛は生活習慣からくるもの、つまり生活習慣病の一種であるといっても間違いはありません。そして習慣の中でも誰もが必要とする座る姿勢からの影響が大きい症状でもあります。

もし、あなたが坐骨神経痛で悩んでいるのであれば「福辻式治療法」がお薦めです。この治療法では延べ50000人以上の方が坐骨神経痛を短期間で完治しています。

きっと、あなたが今抱えている坐骨神経痛はこの「福辻式治療法」で解消することができると思いますので、今すぐ詳細をチェックし、実践されることを強くお薦めしたいと思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.