坐骨神経痛の種類を知りたい方はこちらのページを一度ご覧ください。

種類について


坐骨神経痛を発症すると、日常生活に悪影響を及ぼすようになります。坐骨神経痛は主に3種類に分けることができますが、その種類によって痛みの出方やしびれの出方が異なります。

まず一つ目に、「腰椎性坐骨神経痛」があります。症状としては腰の神経を損傷、圧迫したことで痛みを出します。

そして状態が酷くなってくると、しびれなどが足の太ももに出てきます。この症状は、腰椎椎間板ヘルニアやすべり症、分離症などで発症することが多くなります。

次に、「梨状筋性坐骨神経痛」があります。これは、主にお尻の深い部分にある坐骨神経が圧迫を受け、痛みやしびれ発症するものです。

お尻にある筋肉を動かすことで痛みやしびれを出しますので、それに連なる行動をする場合に注意しないといけません。例えば、立ち上がる時やランニング時などに痛みが出ることが多くなります。

また梨状筋性坐骨神経痛は、特定の病気が関わっていることがありますので、注意する必要があります。そして、股関節捻挫や筋肉硬直などの原因を起こすこともありますので、注意が必要です。

そして最後に、「症候性坐骨神経痛」があります。この病状はハッキリ言って、原因不明な神経痛です。臀部などが原因で発症するとされていますが、実際のところ本当の原因は分かっていません。

症候性坐骨神経痛は原因不明な点が多いため、突然しびれや痛みを出すことがあり、かなり厄介な病状です。また治療法が確立されておらず、完治させるのも難しいと言われています。

ここまで坐骨神経痛の種類についてお話ししてきましたが、もしあなたが腰痛が原因で坐骨神経痛を発症し、痛みやしびれで悩んでいるのであれば、福辻式治療法を実践することをお薦めします。

福辻式治療法では、延べ50000人以上の坐骨神経痛患者さんが、短期間で腰の痛みやしびれを解消している実績のある治療法です。

詳細は下記よりご覧いただくことができますので、坐骨神経痛で悩んでいる方は、一度内容を確かめてみることをお薦めします。きっとこの治療法が、あなたの坐骨神経痛を改善するきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.