坐骨神経痛は鎮痛剤で症状を和らげることができますが、それで治るわけではありません。

鎮痛剤の効果


坐骨神経痛の痛みを鎮めるためには、鎮痛剤が効果的です。

ロキソニン、ボルタレン等、その種類はたくさんありますが、患者さんが1人で効果のあるものを見つけるのは難しいため、まずは医師に相談して自分の症状にはどの薬がいいか確認することが大切です。

また鎮痛剤は内服するタイプの痛み止めで、ブロック注射のような痛みが無くて手軽に使用できるという方は多いですが、飲みすぎると胃腸や腎臓などの内臓に負担がかかり、副作用が出ることがよくありますので、用法をしっかり守ることが大切です。

例えばロキソニンは比較的胃荒れなどを起こしにくいと言われていますが、乱用した結果、胃炎や胃潰瘍、胃癌などに発展することもあります。

坐骨神経痛の痛みは神経が脳に伝えている信号です。鎮痛剤はその信号をごまかす作用を持っていますので、坐骨神経痛の痛みを抑えることはできても、坐骨神経痛の患部が直接的によくなるわけではありません。

またその他に坐骨神経痛の症状緩和によく使用されるのがブロック注射です。神経やその周囲に局所麻酔薬を注射し、痛みの伝達をブロックします。

効き目が早く、胃荒れ等の可能性がほとんどありませんが、これもやはり対症療法でしかなく、坐骨神経痛の根本治療とは言えません。

坐骨神経痛の痛みがある程度引いたあとは、リハビリや理学療法などを併用して治癒していくことができますが、薬だけではなかなか効かないという方もいます。

またそのような方のほとんどが安静を大事にしないで、我慢して仕事をしたり、スポーツを無理にやってしまう傾向にあります。

薬は効き目が強いだけに副作用も強くなりますので、あくまでも治療の補助として使用することが大事です。できるだけ早く、副作用の無い方法で治せるようにすることです。

坐骨神経痛の症状緩和に薬を使用していて副作用が心配な方には、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がお勧めです。

延べ5万人以上の方がこの方法でやっかいな症状を軽減させています。簡単なストレッチをするだけです。つまり誰でも実行できる方法です。

下記よりこの改善プログラムの詳細を見ることができますので、坐骨神経痛の痛みをできるだけ薬を使わない方法で解決したい方は、ぜひ一度確認してみてください。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.