坐骨神経痛にロキソニンはあまり効果がありません。

ロキソニンの効果について


ロキソニンとは痛み止めの薬で、様々な用途に利用されています。例えば頭痛や生理痛、歯痛、腰痛など様々な症状に対応できるため、坐骨神経痛で悩んでいる人にも効果的です。

ロキソニンは胃への負担は少なく、眠くなる成分を含まないとは言われていますが、だからといって身体に負担がないわけではありません。

もともと胃腸に持病が持っている場合や、喘息持ちの方、肝臓に問題がある方は特に注意が必要です。ロキソニンは薬局で販売されているものもありますが、病院に行った際に処方されることもあります。

ロキソニンで問題とされる症状を持っている場合には、速やかに医師に伝えるようにしてください。また、その他の疾患や持病の場合でも、他の薬や治療との兼ね合いがありますから、心当たりのある方は医師に伝えるようにしたほうが賢明です。

坐骨神経痛の痛みはロキソニンで多少改善することができますが、薬で抑えているだけですから、当然薬の効果が切れればまた痛みがぶり返してきます。

ですので、日常生活に支障が出るような痛みは薬で抑えつつ、根本的に坐骨神経痛を改善する治療を実践する必要があります。

まず、坐骨神経痛は症状であり病名ではないため、病院で検査を受けて原因をはっきりさせる必要があります。人によっては椎間板ヘルニアと診断される方もいますし、脊柱管狭窄症と診断される方もいます。また、腰椎分離すべり症と診断される方もいるでしょう。

ですので、坐骨神経痛が何の腰の病で発症しているかを突き止める必要があります。これによって、治療方法が変わってくるからです。しかし腰痛に関わる多くの病気に有効なストレッチというものもあります。

というのも、坐骨神経痛が起こる疾患の多くが、普段からの姿勢の悪さや肩・腰に負担の多い動作などによって発症するため、身体の歪みを治したり、姿勢を矯正するための運動が坐骨神経痛の根本解決に役立つのです。

例えば、「福辻式ストレッチ」という方法は、坐骨神経痛の原因として、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症などをあげていますが、その全てに対応した治療法です。

またこのストレッチ方法で、延べ5万人以上の腰痛患者さんが坐骨神経痛による腰の痛みや足の痺れを改善していますので、坐骨神経痛に悩んでいる方には、ぜひ一度取り組んでもらいたいストレッチ法です。

もしあなたが、腰の痛みや痺れで悩んでいるのであれば、この福辻式ストレッチを一度実践してみてください。きっと、あなたが今抱えているお悩みはこの方法で解決できると思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.