坐骨神経痛に効く薬について詳しく解説しています。

薬について

薬物療法は病気の治療の中でも基本です。また基本というのは、まず症状を抑えるためにもっとも効果が高い、という意味ですが、病気によってはあまり多用してもしょうがないケースがあります。

坐骨神経痛もその1つです。基本的には薬で緩和して治るものではなく、坐骨神経痛を対処するためには神経への圧迫を取ることが重要です。

またこの場合、坐骨神経痛は筋骨格系から来るものに限定した言い方であり、内蔵疾患などが原因である場合は内臓の治療に着目しますので、薬物療法を行えば坐骨神経痛も緩和されてきますが、やはり直接の効果があるものではありません。

坐骨神経痛の薬としては消炎鎮痛剤、他には筋緊張弛緩剤、血行を改善するための末梢循環改善薬などがよく用いられています。

またビタミン剤も筋肉や骨にとって大切な薬ですし、湿布も皮膚から浸透する薬を契機とした治療法です。また、薬物投与があまり多くない坐骨神経痛でも注意を怠ることはできません。

例えば鎮痛剤としては非ステロイド系が主に処方されますが、長期間服用することで胃腸障害を起こしたり、胃潰瘍に発展する可能性も大です。

他にも吐き気、過敏症、そして肝障害なども考えられますので、まず服用方法を守ること、そして高齢者の場合は特に食事にも気をつけて栄養分をしっかり吸収することが大切です。

同じ薬物でも副作用がほとんどないもの、といえばお気づきだと思いますが、漢方はどうなのでしょうか。漢方も対症療法的ではありますが、やはり副作用が無い分、そして内側から効き目をもたらす効果もあり、たくさんの方が利用しています。

ですが、薬をいくら飲んだところで根本からの解決にはならず、一時的に症状を抑えているに過ぎません。

坐骨神経痛を根本から完治させるには、体のバランスをしっかりと整えること、腰椎周りに適度な筋力をつけること、そして日常生活をしっかりと見直す、この3点が必要です。


薬はあくまで対処療法、坐骨神経痛の痛みや痺れを一時的に抑えているだけであって、根本治療にはならないことを知ってください。

当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」は薬や手術などは一切使わずに、坐骨神経痛を完治させることができます。

「福辻式治療法」を実践すれば、早ければ1週間、遅くても1ヶ月以内にあなたが今抱えている腰の痛みや痺れの症状は緩和され、完治していきます。

福辻式治療法の詳細は下記より確認することができますので、すぐにでも実践していただき、その辛い症状を1日も早く改善させていただければと思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.