坐骨神経痛患者さんはリハビリはしっかりと行なってください。

リハビリについて

坐骨神経痛も急性期を過ぎれば、徐々に痛みが引いてきます。そして、リハビリをしっかりと継続していけば、坐骨神経痛を完治させることできます。

但し油断は禁物です。ただ単にリハビリをすればよい、ということではなくて、リハビリの効果を維持しながら、坐骨神経痛の原因となっている姿勢や筋肉の張りなどを改善していくことが大切です。

坐骨神経痛の主なリハビリ内容として、まずストレッチがあります。つまり筋肉をしっかり柔軟に保つためのリハビリです。他にも血行を良くしたり、身体の歪みを矯正するためにも効果を発揮します。

ですが、坐骨神経痛の痛みが強い場合は控え、調子がいいタイミングを見計らって実施し、適度な運動も同時に行い、腰椎周りに筋力をつける努力をするようにします。

ストレッチも運動にはなりますが、ストレッチを本格的にこなした後の運動によって筋肉の柔軟性が始めて適切に維持されます。また、急に行うのではなく、ゆっくりと適度に、が基本です。

野球、ゴルフなどを再開するよりも簡単なウォーキングなどがお薦めです。ウォーキングは下半身を強化し、腹筋や背筋も同時に強化でき、心肺機能を向上させて骨に適度な刺激が加わります。

また、ウォーキングをする際は特に靴、サイズのしっかりした、クッション性のほどよいものを選ぶようにしてください。また膝などに痛みがあるような方は、水中ウォーキングなどが適しています。

そして、坐骨神経痛のリハビリで特に重要なことが冷さないことです。冷してしまうとせっかく柔軟にした筋肉もすぐに固くなってしまいます。特に高齢者の場合は筋肉の硬化がすぐにでも裏目に出てしまいますので、足腰の保温には常に気をつけるようにしてください。

当サイトではこのようなお年寄りでも坐骨神経痛を治すことができる、「福辻式治療法」を推薦しております。福辻式治療法では若い方からお年寄りまで、延べ50000人以上の方が坐骨神経痛を改善されております。

もし、あなたが坐骨神経痛で悩んでいるのであれば、1日も早く福辻式治療法を実践されることを強くお薦めしたいと思います。この福辻式治療法があなたが抱えている悩みを解決するきっかけになることは間違いないと思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.