坐骨神経痛の急性期の症状と治療法を解説します。

急性期について


坐骨神経痛の急性期では慢性期に比べて症状が強くなります。具体的には足や臀部に激しい痛みを感じたり、足に力が入りにくくなったり、前屈や後屈動作をすると電撃痛が走ったり、足が上げにくく感じたりします。

横になって安静にしていても、我慢できない程に坐骨神経痛の症状が強い場合は、対症療法によって鎮めることができます。

病院で鎮痛薬を処方してもらい、また腰から来る坐骨神経痛の場合はコルセットを装着したりします。整体や鍼灸でこの痛みを緩和させることもできますが、激痛が悪化することもあります。

また病院の薬で効き目が無い場合は、ブロック注射を打つと痛みが鎮まる可能性が高く、硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射を打って脳への痛みの伝達を騙し、自然治癒力を上げて治療していきます。

坐骨神経痛の急性期は、まず無理をして動くことは控えるのが原則です。「安静が第一」ということになります。また急性期の場合は、腰や下肢を温めてしまうのもいけません。

この時期には冷やすことが大事です。ここでどんな対応をしたかによって、慢性期の状態が変ります。放置してしまって仕事を無理に続けたりすると坐骨神経痛の悪化も早くなり、なかなか治らなくなってしまいます。

また2、3日安静にしていたら症状が軽快してリハビリをスタートさせる方もいますし、1週間以上炎症が引かない方もいます。

それぞれに症状を見極めて坐骨神経痛の治療法を検討することが大事です。この時期を脱したらどうなるかも、患者さんによって違います。うまく治療をすれば、坐骨神経痛の悪化や慢性化はせずに済むかもしれません。

坐骨神経痛の急性期は辛い時期ですが、まずは冷静に安静にすることを心掛け、痛みが落ち着いてきたら福辻式腰痛改善プログラム(DVD)を行うのがお勧めの治療法です。

この治療をきちんと継続して行うことで坐骨神経痛の早期治療を期待することができ、結果的に辛い痛みが起こる期間を大幅に縮小することができます。

詳しい内容は下記よりご案内していますので、まずはその内容を確認してみてください。きっと、坐骨神経痛の辛い痛みを改善するきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.