坐骨神経痛でお尻が痛い場合にはどうすればいいのかをお伝えしています。

お尻が痛い


坐骨神経痛の症状のひとつに、お尻が痛いというものがあります。もちろん坐骨神経痛の症状はこれだけでなく、太ももから足にかけてのしびれや痛み、締め付け感、冷えなど様々です。

しかしお尻が痛いというのは坐骨神経痛の中で特に症状が現れやすい場所であり、座ることも難しくなってとても辛い状態になってしまうので、ここではその対策についてお話していきます。

お尻が痛い時にはマッサージやストレッチが効果的です。特にお風呂上りの身体が温まっているタイミングでは精神的リラックス度が高まり、筋肉もほぐれやすくなっているため、最適のタイミングと言えます。

また坐骨神経痛でお尻が痛いとなった場合、左右のどちらかが痛むという人が多いです。つまり最初は片側だけに症状が出て、その後、もう片方にも痛みが現れてくるのです。

ですので、坐骨神経痛の疑いが出た場合にはできるだけ早めに治療を開始し、坐骨神経痛を悪化させないようしっかりと治療をするようにしてください。

注意点として、整形外科などではリハビリ施設と連携があまりなく、具体的な方法のアドバイスを貰えないことがあります。

そういった場合には自分でリハビリできるところを探したり、ヨガやウォーキングなどを行って工夫することになるのですが、独学で行っていると間違ったやり方をしてかえって坐骨神経痛を悪化させてしまうことがあります。

できれば最初は坐骨神経痛にも精通している治療家などを探して、直に教えてもらうようにすると良いでしょう。あるいは、坐骨神経痛に対応しているストレッチを行うようにすると良いです。

当サイトでは坐骨神経痛で悩んでいる方に「福辻式ストレッチ」を強くお薦めしております。長年腰痛の治療を続けてきた福辻先生が、その経験から坐骨神経痛に良い運動プログラムを考案しているので、安心して行うことができるからです。

個人差もあるので必ず坐骨神経痛が改善するとは言えませんが、このストレッチを地道に毎日続けることで、50000人以上の方が坐骨神経痛を改善されています。

もし、何をやっても坐骨神経痛が改善されないとお悩みの方は、「福辻式ストレッチ」を実践してみてください。きっとあなたが今抱えている坐骨神経痛の辛さが改善されるきっかけになります。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.