坐骨神経痛が治るまでの期間についてお話しています。

治るまでのおおよその期間について

坐骨神経痛それ自体は症状であるため、坐骨神経痛が治るおおよその期間というのはその原因となる病によって異なります。

例えば椎間板ヘルニアなど再発しやすい、完治がしにくい病が原因となっている坐骨神経痛の場合には、治るまでに長く時間がかかったり、坐骨神経痛が治ったと思ってもまた再発してしまったりします。

人によっては、何十年単位で坐骨神経痛に悩まされてしまうこともあります。坐骨神経痛が起こる原因となる病の多くは、腰椎や筋肉に異常が起きるものです。その結果、神経を圧迫することで痛みや痺れが発生してしまうのです。

このような腰椎や筋肉の異常は、手術や薬では完治はできません。というのも、生活習慣が原因で筋肉が弱っていたり、腰椎の位置がずれてしまったりすることが坐骨神経痛の元になっていることが多いからです。

普段運動をしていない人は筋力が低下しがちですし、姿勢が悪ければその分だけ身体に負担がかかります。また、ずっと同じ姿勢をしているというのも身体に大きな負担がかかります。

手術や薬で一時的に痛みや痺れといった症状を緩和することはできますが、生活習慣がそのままでは結局、再発してしまうのです。しっかりと身体を動かすことで筋肉を鍛え、腰椎の位置を正しい位置に戻すことが完治への第一歩です。

そして、身体に適切な筋力をつけ、腰椎を正しい位置に戻す方法としてはストレッチや体操がお勧めです。しかしこのようなストレッチや体操といった方法は、すぐに効果が表れるものではありません。

ストレッチや体操を行う場合、坐骨神経痛が治るおおよその期間として、毎日欠かさず続けて最低一ヶ月は行うことが大切です。正しい方法で体を動かしていれば、一ヶ月もすれば治る兆しが見えてきます。

ストレッチでの解決を目指す場合には、当サイトでは「福辻式ストレッチ」をお薦めします。

複数の腰の病気、坐骨神経痛だけでなく、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など幅広く対応したストレッチの解説が掲載されています。

また、考案者である福辻先生にも色々と相談をすることができるので、正しく体を動かしていくことができ、最短で坐骨神経痛を治すことができます。

福辻式の詳細は下記よりご覧いただくことができますので、腰の痛みや痺れで長いこと悩んでいる方は、ぜひこの福辻式ストレッチを実践してください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの坐骨神経痛を改善するきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.