椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛でお悩みの方はこちらのページで悩みを解決してください。

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある髄核が外に飛び出して神経を刺激し、腰の痛みや足の痺れを起こすものです。

椎間板ヘルニアが発症するのは腰椎が最も多く、椎間板ヘルニアを起こすと坐骨神経痛をほぼ同時に併発します。

坐骨神経痛は病名と勘違いされている人が多いですが、実際には症状の名称になり、坐骨神経痛の原因となる病は人によって様々です。

その様々な原因の一つであり、坐骨神経痛の原因として特に多いと言われているのが椎間板ヘルニアです。

通常は薬や温熱療法、運動療法で地道に改善していく方法が取られます。というのも、腰の痛みや足の痺れ、坐骨神経痛発症の原因となる出っ張った部分を手術でいくら取り除いても、大本を取り除かなければまた再発する可能性が非常に高いのです。

大元というのは、生活習慣の乱れや疲労、運動不足、ストレスなどが挙げられます。これらが身体を弱くして、腰椎と腰椎の間にある椎間板が潰されてヘルニアになってしまいます。

手術でできるのは飛び出してしまったヘルニア部分を切除することだけです。それは一時的な症状の改善にはなりますが、結局、根本解決にはなりません。

このような状況を根本的に解決するためには、腰椎周りの筋肉を強化する必要があります。その強化のために、ストレッチや筋力トレーニングなどの運動療法が用いられるのです。

また、筋肉などの強さは充分に保持できていても、それを上回る負荷がかかり続けていてはやはり、耐えきれずに椎間板ヘルニアが発症してしまいます。

座りっぱなし、立ちっぱなし、重い荷物の運搬業、中腰が多い家事などが腰に多く負荷をかける生活習慣に繋がります。

ストレッチや筋力トレーニングで弱っている筋肉を強化し、同時に、生活習慣を変えていくことが、椎間板ヘルニアを根本から治すためにとても重要なことです。

仕事の都合など、なかなか変えることが難しい習慣もありますが、そういった場合でもより腰に負荷のかからない動作を意識するなど、やれることはあると思いますので、自己管理を徹底して予防、改善に努めることが大事です。

もしあなたが、長いこと腰の痛みや足の痺れで悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

この治療法では、延べ5万人以上の患者さんが腰痛を改善しており、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を改善された方も多くいらっしゃいます。

きっと、この福辻式治療法を実践していけば、あなたが今持っている悩みは解決していくと思いますので、詳しい内容を一度下記より確認してみてください。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.