梨状筋性坐骨神経痛を解消する方法をお伝えしております。

梨状筋性坐骨神経痛について

梨状筋性坐骨神経痛はあまり知名度の高くない名前ですが、その名の通り、梨状筋が原因となって起こる坐骨神経痛の事を指します。

坐骨神経痛は症状であり、病名ではありません。ですから、この名称を診断されたとしても、何故それが起こるのかは様々なのです。

この症状が起こる要因として多く聞く病名は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症ですが、梨状筋症候群という病気もその原因となるもののひとつです。

梨状筋性坐骨神経痛はレントゲン検査ではわかりにくく、腰痛や足の痛み・痺れで病院の診察を受けても、原因不明と言われたり、椎間板ヘルニアと誤診されることもあります。

椎間板ヘルニアと診断を受け、2~3か月治療を行ってもまったく改善が見られない場合には、梨状筋性坐骨神経痛を疑った方が良いでしょう。

梨状筋性坐骨神経痛では、お尻にある梨状筋と呼ばれる筋肉が何らかの要因で過度に運動を起こしたり、緊張して、そのすぐ下を走る坐骨神経を圧迫して症状を引き起こします。

梨状筋性坐骨神経痛が起こる要因としては、過度のスポーツや、交通事故による外傷のほか、生活習慣の問題があげられます。事務職や車の運転で毎日座りっぱなしの方に特に多く、また筋肉が弱い女性に多い病気でもあります。

ではこの梨状筋性坐骨神経痛になってしまったら、どのように改善をしていけばいいのでしょうか。理屈としては神経圧迫が起こらないようにすればいいわけです。

具体的には、車の運転やデスクワークなど座りっぱなしの作業を控える。また、スポーツが要因になっている場合にはそのスポーツ自体を控えたり、準備運動の方法を見直すなどが考えられます。

また、筋肉が過度に緊張していることも原因のひとつになりますので、温熱治療で血液の流れを良くし、筋肉をほぐすことで改善を期待することができます。他にも、ストレッチを行ったり、身体のバランスを矯正することも症状の改善に繋がります。

もしあなたが、梨状筋性坐骨神経痛で悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を一度実践してみてください。

詳しい内容は下記よりご案内しております。きっと、この福辻式治療法があなたの抱えている悩みを解決してくれるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.