坐骨神経痛の痛みで動けないときはおとなしくしていることです。

動けないときの対処法について


坐骨神経痛はしばらく歩いていると痛みで動けない状態になることがありますが、少しの時間休めば回復するという人が多いです。

ですが、坐骨神経痛は悪化するとまったく動けない状態になることもありますので、休めば大丈夫と思って放置するのは良くありません。

坐骨神経痛は簡単に言うと、腰椎から出ている坐骨神経が何らかの理由で圧迫されることにより、腰の痛みや足の痺れの症状を引き起こします。

その圧迫が酷くなればなるほど激痛となり、最悪動けなくなってしまうこともあります。そのような状態にならないためにも、普段から予防対策をしっかりと行っておくことが大切です。

坐骨神経痛自体は疾患ではなく症状名であるため、検査を受ければ自分が抱えている腰の病がわかります。坐骨神経痛を引き起こす腰の病としては、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症などが代表的です。

その病に合った治療をきちんと行うことで、坐骨神経痛の悪化を防ぎ、動けないといった状態にならないようにすることができます。

もちろん、動けない状態になる前にそもそも腰痛にかからないことが一番良いので、坐骨神経痛を生じやすい原因として多い、運動不足や姿勢の悪さを意識して改善していくように心がけることが大事です。

特に姿勢はパソコンやデスクワークの多い人は猫背になりがちなので注意が必要です。また、物を持ち上げる時の腰の使い方も意識して気を付けることが大切です。

運動不足の解消にはウォーキングやジョギングがよく聞かれますが、買い物や通勤以外で出歩く時間があまりとれないという人には、室内で手軽にできるストレッチがとてもお薦めです。

例えば、「福辻式ストレッチ」という方法では1日5分毎日続けることで、すでに坐骨神経痛に悩まされている人の症状改善にもなりますし、現在これといった症状が出てない人でも予防対策としてとてもお薦めできる方法です。

毎日続けるのは大変かもしれませんが、1日5分だと思えば、一度日課にしてしまえばそれほど難しいことではないと思います。

福辻式ストレッチの詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、既に坐骨神経痛で悩まれている方や予防対策として何か良い方法がないかと探している方は、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたの腰の痛みやしびれを改善するきっかけになると思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.