関連ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ2

関連ページ2について

坐骨神経痛と体重増加の関係性

坐骨神経痛は、肥満など腰に負担がかかる人になりやすい傾向にあると言えます。個人差はありますが、急激な体重増加は腰に大きな負担がかかり、痛みを併発しやすくなります。

自分では意識していないものの、症状がよりひどくなってくると、痛みに耐えられないようなことが多くなります。

医学的な治療や薬学的な治療方法はありますが、それも限界があり、放置しておくと、さらに坐骨神経痛の症状が悪化する可能性があるので、早期に治療を心掛けるようにすることが望ましいと言えます。

まずは自己管理をしっかりとして、体重をそれ以上増やさないことです。また、腰に明らかに負担がかかっているときは、体重の減量に意識して取り組むことが必要です。

体重の増加は腰に負担をかけていることに間違いはないので、放置せずにきっちりと自分で生活管理をすることが大事です。無理をすると、さらに痛みがひどくなり、炎症を起こしたり、神経を圧迫したりして、最悪歩行困難になることもあります。

また、すぐに坐骨神経痛のような症状を引き起こさなくても、肥満や体重の増加は様々な病気を併発するリスクを増やします。

出来るだけ早いうちに自分のベスト体重を意識して、無理をしないように生活習慣をきっちりと管理しておくことで、確実に予防できることも増えていくことになると思います。

無理な生活は最終的に体を壊しかねないので、意識して生活を改善できるようにしておくことが望ましい対策といえます。体調に関しては特に注意が必要で、体を壊すようなことの無いように、意識した生活を送れるように心掛けて下さい。

無理な生活を続けることが、最終的に坐骨神経痛をさらに悪化させてしまう原因にもなるので、体重増加が坐骨神経痛の悪化に繋がっていないか、とくに最近になって症状が酷くなった人は注意が必要です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.