坐骨神経痛は病院に行く必要はほとんどありません、自宅で治すことが可能です。

病院で治るの?


坐骨神経痛に悩まされ、腰の痛みや痺れをなんとかしたいと、色々な病院を周る方は多いと思います。

しかし、坐骨神経痛専門の病院というのはありません。というのも、坐骨神経痛とは、腰痛の症状を指す一つの疾患であって、病名ではないからです。つまり、坐骨神経痛が起こる大元は他の病気にあります。

ですので、まずは治療を行う前に、あなたの坐骨神経痛は何が原因で起こっているのか、何の病気が原因で症状を発症しているのか、まずはここから調べる必要があります。

坐骨神経痛の主な原因は、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などです。これは腰椎と腰椎の間にある椎間板というクッションの役割をしている部分から、髄核という物質が飛び出し、腰の神経を圧迫して痛みや痺れが出るものです。

他には、梨状筋症候群やラセーグ徴候、変形性腰椎症といった病気が坐骨神経痛の原因としてよく挙げられます。また、坐骨神経痛は腰痛だけでなく、他の内的疾患から発症していることもあります。ですので、まずは一度病院で検査をしてもらい、原因を特定することが大事になってきます。

そして、病院が必ずしも最善の治療法を提示してくれるとは限らないということも知ってください。特に腰痛が原因となっている場合、薬やブロック注射で行えるのは一時的な痛みの緩和だけです。

坐骨神経痛を改善するには、患部に負担のかからない生活を心掛けることや、患部の異常を元に戻すためのストレッチ、腰椎を補助するための筋力トレーニングなどを行うことが最も効率的な改善方法になります。

しかし、坐骨神経痛の痛みが酷すぎて、日常生活さえままならないという急性期の場合には、痛み止めの薬やブロック注射、コルセットを使うこともあります。

しかし、それだけに頼ってしまうと、治るどころか症状が悪化していき、さらに薬を重ねて使う悪循環になってしまうので、その点を気を付ける必要があります。

坐骨神経痛を治すには崩れている体のバランスを整えること、そして、腰椎を補助できる筋力をつけること、この2つのことがとても大事になってきます。

そして、坐骨神経痛を治す最善策として、当サイトでは福辻式治療法をお薦めしております。これは椎間板ヘルニアをはじめとする、様々な腰の症状を改善させるための方法を追及してきた、福辻鋭記先生が考案した治療法です。

毎日地道に続けていく根気が必要になりますが、身体に大きな負担なく、坐骨神経痛を改善させるには、どの治療法よりも福辻式がお薦めです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.