坐骨神経痛は入院などしなくても自宅で治すことが可能です。

入院する必要はありません

坐骨神経痛は症状が酷くなると、歩くどころか立つことも難しい状態になることがあります。

そこまで悪化してしまうと自宅で治すことは難しくなることもあり、入院することが稀にあります。

その場合、まずブロック注射をしてしばらく様子を見ることになります。

病院にかかった時点でよほど重症だったということでない限りは、最低でも一ヶ月以上はブロック注射や点滴など保存療法で様子を見ることになります。

坐骨神経痛の場合、この時点で入院ということはあまりありませんが、強い薬を使うときには経過観察のために入院して治療を受けることがあります。

ブロック注射や強い薬を利用しても坐骨神経痛の症状に改善が見られないときには、入院して手術をすることがあります。

坐骨神経痛の術式には色々なものがありますが、坐骨神経痛というのは症状を指した名称で、病名そのものではありません。どのような病気が原因で坐骨神経痛が起こったのかによって、手術に用いられる術式は変わってきます。

たとえば椎間板ヘルニアであれば、痛みの原因となるヘルニア部分の切除。脊柱管狭窄症であれば脊柱管が狭まっていることが原因なので、この部分を削るという方法を用います。

ただし気をつけたいのは、坐骨神経痛に対して手術をするのは、絶対に治るという方法ではありません。

一時的に痛みが弱くなっても、同じ日常生活を送っていたり、その後の身体のケアを怠ると、結局また痛みが再発してしまったり、さらに悪化してしまうということになります。

ですので、基本的に手術は日常生活に大きな支障があり、緊急に痛みを取り除く必要がある場合、という最後の手段として考えてください。

坐骨神経痛のほとんどは運動療法で改善していくことができます。ここでは坐骨神経痛を改善出来るストレッチの中から、「福辻式ストレッチ」をご紹介します。

腰痛を自宅で手軽に改善していけるようにと、長年この分野に関わって治療と研究をしてきた福辻鋭記先生が考案したもので、実際に多くの方がこのストレッチによって、腰の痛みや痺れを改善しています。

もしあなたが、坐骨神経痛で長いこと悩んでいるのであれば、まずは一度詳しい内容を下記からご覧になってみてください。きっと、あなたが今お持ちのお悩みはこの福辻式ストレッチで解決できるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.