坐骨神経痛を保険適用で治療する場合の流れをご紹介します。

保険は使えるのか?


坐骨神経痛の治療を受ける際、保険が使えるのかどうかは費用面で気になる点です。坐骨神経痛を病院で診断してもらう場合、整形外科になりますが、ここでの治療は保険を使うことができます。

一方、マッサージや鍼灸などといった施術や、坐骨神経痛に対応したストレッチを知るための書籍やDVD代などといったものは保険を使うことが出来ません。

しかしこれにも例外はあり、マッサージや鍼灸の場合、病院で診察を受けて医師の同意書を発行してもらった場合には保険を利用することが出来ます。

ですので、保険を活用して坐骨神経痛の治療をしたい場合には、まず整形外科で診断を受けて相談し、医師の同意書をもらう必要があります。

また、この同意書には有効期限がありますので、期限が過ぎたらまた病院に行く必要が出てきます。

制度上はこのようになっていますが、鍼灸院や整体への同意書を出したがらない医師もいます。また、治療部位が限られてくるため、症状によっては同意書自体もらえないこともあります。さらに、何度も通う必要があるため保険を使っても最終的には高額になってしまいがちです。

重要なのは、酷い痛みの時は安静にし、痛みが軽い時に適切なケアをするということです。そして適切なケアは、整体や鍼灸に通わなくても自分ですることができます。

それは、坐骨神経痛に対応したストレッチを行うことです。症状に合ったストレッチは坐骨神経痛をしっかりと改善することができます。

このようなストレッチを知ることができる書籍やDVDには保険は効きませんが、一度購入すればずっと使えるので、総額は鍼灸や整体に通うよりもずっと安く抑えることができます。

坐骨神経痛の予防・改善が出来るとされているストレッチは数多くありますが、当サイトでは福辻式ストレッチをおすすめしております。

福辻式ストレッチは症状の重かった坐骨神経痛患者さんも含めて、延べ50000人以上の腰痛患者さんを改善してきているストレッチです。さらに、1日5分と短い時間で良いので、毎日の継続がしやすいのも利点です。

もし、あなたが坐骨神経痛の症状に悩んで、その改善方法を探しているのであれば、ぜひ福辻式ストレッチの内容を下記より確認してみてください。きっと、あなたが今抱えている坐骨神経痛の痛みを改善するきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.