坐骨神経痛を改善するのにレーザー治療では役不足です。

レーザー治療について


坐骨神経痛の主な治療法としては、ホットパックや専用の短波装置などを使用する理学療法、非ステロイド系消炎鎮痛剤や座薬などの投薬療法、局所麻酔薬を硬膜外や神経根に注射するブロック注射などがあります。

また、その他にも整体やマッサージ、最終手段としての手術など、様々な方法があります。

その中でもレーザー治療というものがありますが、退院がとても早く即効性が高いとも言われています。特に椎間板ヘルニアが元になっている坐骨神経痛ではよく使用される術式です。

レーザーを照射して椎間板内部の髄核という組織を消失させます。こうすることで内圧を下げ、神経圧迫を取り除きます。

またレーザー治療は保険適応ができないので自費になります。平均費用は50万円と言われていますので、もし受けるのであれば失敗しないようにいいクリニックを選ぶことが大事です。

レーザー治療は元々椎体の間にあってクッションの役目をしている椎間板を消失させる方法ですので、理想的な治療法とはなかなか言い難く、実際にレーザー治療を受けた直後は回復しても、徐々に症状が再発するケースは少なくありません。

椎間板としての機能が無くなってしまいますので、術後はリハビリをして筋肉を鍛えたり、日頃の習慣をいろいろと改善しなければなりません。

レーザーが髄核を照射する時に、他に骨の一部や腺維輪という組織も焼かれてしまう可能性がありますので、他の合併症が起こる可能性も指摘されています。

レーザー治療の他には保険適応が可能なラブ法という術式もあります。切開が小さくて神経を傷つける恐れが無く、後遺症も比較的低いと言われています。

ですが、レーザー治療にしろ、切開手術にしろ、やはり体にかかる負担は大きいですし、それで坐骨神経痛が100%完治するのかといったら、そんなことはありません。

逆に手術をしたことによって、後々後遺症に悩まされたり、症状が悪化してしまうこともあります。また、どんな術式でも術後の再発率はおよそ70%~90%ととも言われていますので、当サイトではレーザー治療も含めて手術はお勧めしておりません。

もしあなたが、坐骨神経痛に苦しみ、レーザー治療を受けようかどうか悩んでいるのであれば、手術をする前に一度、当サイトでご紹介している「福辻式治療法」を実践してみてください。

あなたと同じようにかなり状態が悪化してしまい手術を検討していた方達が、この方法で腰の痛みや痺れを改善することができています。

また、この治療法は人間が本来持っている自然治癒力をベースに治療していきますので、薬を飲み続けたり、手術をすることもありませんから、体に負担がかかることもありません。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度詳細を確認してみてください。手術などをしなくても坐骨神経痛を治すことはできる、と分かっていただけると思います。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.