整形外科に行かなくても坐骨神経痛を治す方法をご紹介。

整形外科について

腰痛を発症し、腰の痛みだけでなく、足の痺れなどが伴うと、坐骨神経痛の疑いが出てきます。

しかし、よく勘違いしてしまう方が多いのですが、坐骨神経痛というのは症状であって、病名ではありません。まずはこのことをしっかりと理解してください。

腰椎には坐骨神経というものが通っています。その坐骨神経が何かしらの原因で圧迫を受けると、坐骨神経痛になります。つまり、坐骨神経痛を発症する原因には、別の腰の病気が隠れているということになります。

まず一番多いのが、椎間板ヘルニアです。また、脊柱管狭窄症でも、腰椎分離すべり症でも、どの腰の病気でも、坐骨神経が圧迫を受ければ、足の違和感や痺れが出るようになり、坐骨神経痛を引き起こすことになります。

ですので、整形外科などで坐骨神経痛と診断を受けても、それは何が原因で発症してしまっているのか、ここを突き止める必要があります。そこが分からないと、正しい治療法を導き出すことができません。

ですので、まずは整形外科に行き、レントゲンやMRIなどでしっかりと画像検査を受け、自分の坐骨神経痛は何が原因で発症してしまっているのか、まずはそこの部分を突き止めることが必要となります。

そして、原因がはっきりと分かれば、それぞれの治療に入っていくのですが、整形外科で行なわれる薬やブロック注射では一時的な対処にしかならず、坐骨神経痛を治すことはできません。また、手術も再発の危険性があるので、お勧めできる方法ではありません。

つまり、整形外科から勧められる対処療法や手術では、根本から痛みは解決することは難しい、このようなことが言えます。病院に通い詰めた方であれば、言っている意味がよく分かると思います。

坐骨神経痛を根本から改善するには、まずは原因を突き止めること、そして、崩れた体のバランスを整えるためのストレッチや腰椎周りの筋力を鍛えるためのトレーニング、生活習慣の改善が必要になってきます。

もしあなたが、坐骨神経痛による足の痺れや腰の痛みで悩み、色々な方法を試してきたけどなかなか症状が改善しない、と悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている福辻式治療法を一度実践してみてください。

福辻式治療法では、坐骨神経痛を根本から改善するためのストレッチやトレーニングをメインとした治療を行なっており、今までに延べ50000人以上の坐骨神経痛を解消している実績があります。

ですので、あなたが今お持ちのお悩みも、この福辻式治療法を実践することで解消することができると思いますので、腰の痛みや痺れで悩んでいる方は、詳しい治療内容を下記より一度ご覧になってみてください。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.