坐骨神経痛は保存療法だけで解消することは無理と言えます。

保存療法について


坐骨神経痛の治療方法として、整形外科などでは投薬やブロック注射が行なわれますが、これらは基本的に保存療法に分類されます。

坐骨神経痛は、腰の患部の炎症や神経圧迫から引き起こされる症状を言いますが、急性であれば保存療法によって腰の痛みやしびれは引くことがあります。

しかし、慢性的な坐骨神経痛には保存療法では限界がありますので、別の方法を取る必要があります。坐骨神経痛は基本的に放置すればするほど、症状が酷くなっていく傾向にあります。

ですので、症状がこれ以上悪化しないように、意識して治療に取り組んでいくことが必要になります。保存療法以外の方法としては、整体やカイロプラクティック、マッサージ、電気など、様々ありますが、どれをとっても坐骨神経痛を改善することは難しいと言えます。

その理由は、坐骨神経痛を根本から治すことに、どの方法も欠けている部分があるからです。

坐骨神経痛を根本から治すには、

崩れている体の歪みを元に戻す
腰椎周りの筋力を適切に強化する
神経の通り道を正しい位置に戻し血行を良くする

この3つがポイントになってきます。

しかし、今お伝えした治療法では、この3つのポイントを同時に行うことはできません。整体やカイロプラクティックでは、「崩れている体の歪みを元に戻す」ことや、「神経の通り道を正しい位置に戻す」ことはできますが、筋力を適切に強化することはできません。

また電気療法などでは、体の血流を良くすることができますが、体の歪みを元に戻したり、筋力を適切に強化するという点では物足りません。

しかし、当サイトでお薦めしている福辻式治療法は、この3つの治療を同時に行い、坐骨神経痛を根本から治すことができます。

その証拠として、今までに延べ50000人以上の患者さんが、福辻式を実践した結果、短期間で腰の痛みやしびれを改善することに成功しております。

もしあなたが、坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、一度福辻式治療法を実践してみてください。きっとこの方法が、あなたのその辛い腰の痛みやしびれを改善するきっかけになるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.