坐骨神経痛の手術を受けようか悩んでいる方はもう一度よく考えなおしてください。

手術について

坐骨神経痛の症状には色々とありますが、排泄障害や運動歩行障害などにまで症状が発展すると、日常生活を送ることも難しくなってくるため、それを回避するために手術を行うことがあります。

また、坐骨神経痛は腰痛の疾患に伴って併発していることがほとんどです。

ですので、各疾患に対して手術が必要、と判断されることももちろんあります。例えば椎間板ヘルニアの場合、目視下か内視鏡下でのヘルニア摘出術が一般的です。

また、腰部脊柱管狭窄症の場合は、狭窄による圧迫が広範囲に見られるケースが多いため、比較的切開が大きくなり、身体へのダメージも大きくなりがちです。

例えば、ヘルニアの内視鏡術では、小さな穴を開けてから黄色靭帯を切除し、その後、坐骨神経根に対する圧迫を解除していきます。内視鏡はメスを使用しませんので、出血も極小で身体へのダメージが少ないということから徐々に適応する患者さんが増えています。

また腰部脊柱管狭窄症で坐骨神経痛が酷く、排泄にも問題がある、また間欠跛行という症状も頻度が高い、などの場合は椎弓を切除する手術になる可能性が高く、広い範囲での狭窄を取り除くことでダメージも増します。

坐骨神経痛は基本的に手術になるケースは多くありませんが、やはり日常的なケアミス、ケアの怠りが尾を引くとどんどん可能性が増していきます。

もちろん、術式も難易度が高いものですので、医師の選択も大切です。セカンドオピニオンを利用したり、合併症を避けるためには医師とのインフォームドコンセント、この考え方もしっかり身に着けておくことが大切です。

また、術後はすっかり良くなった、このように喜んでいる方も多いですが、坐骨神経痛は再発する可能性がとても高いものですので、日頃のケアはとても重要です。

ちなみに椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の術後の再発率は、1ヶ月~6ヶ月以内で、およそ9割近い患者さんが痛みや痺れを訴えるというデーターがあります。

つまり、ほとんどの患者さんが再発をしてしまっているということになります。また、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が再発するということは、それに伴って坐骨神経痛も再発してしまうということになるのです。

このようなことから、当サイトでは手術は一切薦めておりません。手術などをしなくても坐骨神経痛を改善できる方法はあります。それが当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」です。

この福辻式治療法では、術後に再発された方や、これから手術を検討していた症状の重い坐骨神経痛患者さんを、延べ50000人以上改善してきております。

もし、あなたがこれから坐骨神経痛を回避するために手術を検討している、既に手術をしたが術後に痛みや痺れを再発してしまった、と悩んでいるのであれば、この「福辻式治療法」を実践されてください。

きっと、あなたが今抱えている坐骨神経痛はこの「福辻式治療法」で解決できるはずです。

→坐骨神経痛を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.