関連ページ6です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ6

関連ページ6について

坐骨神経痛の足の痛みとしびれ

坐骨神経痛とは、何らかの要因で坐骨神経痛の原因となる神経が圧迫され、腰の痛みや足の痛み、足のしびれを引き起こす症状です。

この坐骨神経痛を起こすことが多いとされているのは、腰部脊柱管狭窄症や腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニアなど腰に関わる病気が主になります。

坐骨神経痛による足の痛みとしびれはずっと出ている場合もありますが、安静にしている時は症状がなく、動かすと起こるという場合もあります。

また、症状が重くなると腰の痛みに加え、足の痛みとしびれが酷くて眠ることもできないといった状況になってしまうこともあります。

このようなことになる前に、坐骨神経痛にならないようにすることを考えてしっかりと予防・改善していく必要があります。

坐骨神経痛が出る病気の要因としてよくあげられるのは、猫背などの姿勢の悪さや、生活習慣の不規則や、食生活のアンバランス、運動不足などが言われます。これらの要因に心当たりがある方は特に、意識して日々の生活を改善していく必要があります。

正しい姿勢を保つことを意識してこころがけ、場合によっては姿勢を保ちやすいクッションや背もたれを利用したり、普段からストレッチを行って体をほぐしておくと良いです。

もし症状が起こってしまった場合には、薬を利用して足の痛みとしびれを軽減させたり、神経ブロックという患部に麻酔をかけるブロック注射のほか、理学療法という、運動やストレッチで身体の調子を整えるものもあります。

また、予防手段として先ほど紹介した方法は、発症後の改善方法としても非常に有効性が高いです。坐骨神経痛の足の痛みとしびれに悩んでいるがブロック注射や薬はちょっと遠慮したい、という方はまずはストレッチから試してみるといいです。

その動かし方にはさまざまな種類がありますが、腰痛や坐骨神経痛の治療に対応したストレッチを学ぶことができるDVD商品を選ぶようにしてください。

このようなストレッチのDVD商品は自宅で行えるというのが大きな利点です。忙しくて時間が取りにくい人や、近くに相談できる理学療法士がいなくてどのような運動をしたら良いのかわからないという人におすすめの方法です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.