サイトマップページです。

  • TOP
  • »
  • サイトマップ

サイトマップです

坐骨神経痛と交通事故

交通事故により腰の神経が圧迫され、坐骨神経痛になる方は多くいます。交通事故は、発生当初は症状が見落とされることが多いので、身体に異常を感じなくても、一度病院で診察してもらうことが大事です。

事故発生当初は興奮状態にあるため、痛みなどをあまり感じないことがありますが、これはアドレナリンの分泌や精神的な状態が非常時であるためであり、その後に痛みを自覚することが多くあります。

交通事故の治療で保険会社の対象となるのは、坐骨神経痛はもちろん、打撲やねんざ、むちうち症状など、色々とありますが、保険対象となるのはどの病状でも、およそ半年程度が限度とされています。

ですので、この期間内に出来るだけ症状を改善しておかないと、いずれは自費での治療になることもありますので、注意が必要です。

また、「後遺症」として痛みが残ってしまった場合、「後遺症認定」の手続きを取ることによって、きっちりと慰謝を受けられることができます。

もし交通事故により体に後遺症が残ってしまった場合は、弁護士を通じて保険会社にしっかりと請求することをお薦めします。

弁護士にお願いすると、着手金や手数料がかかりますが、それを支払っても、多くのお金を保険会社から受け取れる可能性があります。

やはり、法律のプロである弁護士が仲介に入るのと、何も知識もない加害者が直接保険会社とやり取りするのでは雲泥の差です。

一例では、保険会社から80万円程度の後遺障害金を提示された加害者が、弁護士を通じで保険会社と交渉したところ、400万円近いお金を受け取ることができている例もあります。

もし交通事故で後遺症認定を受け、体に何らかの障害を負ってしまったのであれば、一度弁護士に相談することをお薦め致します。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 坐骨神経痛を治す会 All Rights Reserved.